美容

【ある部族の話】人は見た通りのものになる

ある部族の話

こんにちは。ロビン(@chiteki-robin)です。

ふと昔聞いた”ある部族”の話を思い出しました。

ある部族の話

アマゾンの奥地、電気もガスもない森の奥に、今なお原始的な生活を続けている部族が住んでいました。

近隣の住民とは交流せず、お金も持たず、自給自足で暮らしている部族。

病気になっても医者にかかることがなかったので、その部族の人々は短命でした。

平均寿命は40歳だったそうです。

 

やがて数十年が過ぎて、近代化が進み、部族の人々は近隣の住民と交流するようになり、医療サービスも受けられるようになりました。

医療を受けられるようになったおかげで部族の寿命は伸びました。

先祖代々40歳で亡くなっていたのに、60代、70代と生き続ける者も増えました。

 

しかし、そこで不思議なことが起こったのです。

その部族の人々は60代過ぎても見た目がずっと30代のままでした。

老人になれば、シワが増え、白髪になったり、頭髪が薄くなったりと見た目に変化が表れるのが一般的ですが彼らはまったく変化しませんでした。

 

さて、これはどういうことでしょう?

 

世界中から学者が集まって、彼ら部族の研究が始まりました。

「特殊なDNAを持っているかもしれない」という説が有利だったのですが、あらゆる検査をしても、彼らと他の一般人の違いが見つかることはありませんでした。

最終的な調査の結果、一つの説が有望と結論が出ました。

 

彼らは老人を見たことがないので、老人になれないのだ

 

えーーーーーっ!?

 

どういうことかと言うと、彼らの親、祖父母は大体40歳前後で亡くなっているので、彼らは「老人」を見たことがありませんでした。

歳を取ると、シワが増え、白髪になるという概念を持っていなかった。

だから、見たことがないものになれないという訳です。

 

この話を聞いた時、めちゃくちゃ驚きました。

「歳を取るとこうなるだろう」というイメージがそのまま自分の体に反映されていく。

体に気をつけるだけじゃなくて、思考にも気をつけないといけないなと思いました。

 

人は見た通りのものになる

つまり、言い換えるとこういうこと。

自分が普段見ているもの、聞いているもの、考えていること全部が自分の体を作るということです。

特に歳を取ることにネガティブな印象を持っていたら、きっとその通りになるのでしょうね。

 

これは美容にも大いに通じる話。

 

そして、大事なのは「自分はどうしたいか?どうなりたいか?」っていうイメージを描くことだと思う。

人の想像力って本当に偉大だから。

 

私、アンチエイジングって言葉があまり好きじゃないんですよね。

なんで年齢と戦わないといけないの?

そんなの戦っても勝てないしw

 

私はとにかく、「歳を取れば取るほど美しくなる」ということにしておきます。

 

美しいもの、美しい言葉、美しい自然が理想の自分を作り上げていくなら、日々の暮らしの中で自分の目に入るものを選ばないとね。