書評

「話す力をつくる本」レビュー 山田ズーニー氏の文章が好き

話すチカラをつくる本

こんにちは。ロビン(@chiteki-robin)です。

何も特別なことは起こらないけど、昨日と同じような今日を過ごせることが

すごく恵まれていることなんだと最近改めて思うようになりました。

そんなセンチメンタルな季節到来。

 

さて、「話すチカラをつくる本」

 

著者は山田ズーニーさん。

この方の文章は分かりやすくて、読みやすい。

誰にでも伝わる文章を書ける人が本当に文才があるんだと思います。

 

この本の良い所はノウハウだけじゃなくて、

人間関係をスムーズに築き上げる心配りや気遣いを尊重して、

言いたいことを言えるようになることで開ける未来を示唆する

という、刻まれた文字の裏側にあるメッセージが前向きで心強い。

 

山田氏は想いを伝えるために必要な要件が7つあると説いています。

 

まず第一に、話すチカラを高めるには?

 

「自分のメディア力を高めること」

 

メディア力とは、他者から見た自分の信頼性や影響力です。

確かに、ここがしっかりしてないとどんなに話すチカラを磨いても 意味がない。

 

あなたの話はどれくらい信用されていますか?

 

「話す」ということから少しずれちゃうけど、

こうやってここに文章を書ける機会に恵まれているということは、それだけですごく価値のあることなんですよね。

今は誰もが簡単に発信できる時代。

何でも言えちゃう世の中だけど、自分の話を聞きたいと思ってくれてる人がどれくらいいるだろう?

そういうことも念頭において発信したいと思う。

 

そしてもう一つ、すごく共感できたのが「根本思想」

これは7つ目の要件ですが、言葉を発する上で一番重要だと思う。

 

言葉というものは氷山の一角のようなもので、根っこの部分には大きな価値観、思想が横たわっています。

「根本思想」とは言葉の製造元のようなもので、言葉の端々からは常にあなたの根本的な想いが立ち表れています。

それはどんなに隠そうとしても隠しきれないものなので、時々自分の想いをチェックして根っこの部分にどういう想いが含まれているのか第三者的に見つめ直すことが重要です。

根っこにある想いが感謝や尊敬なのか、はたまた妬みや自慢ではないか?

人を動かす言葉というのは、飾られたうわべの言葉ではなく、下手で拙くても嘘のない言葉です。

まったく、その通り。

 

仕事上、要点をまとめて文章を書くことが圧倒的に多いし、簡潔に話をまとめるのは得意なんですが、話が短いことがいつもいいとは限らないんですね。

本当に話すチカラのある人は多分きっと無駄だと思えるどうでもいい話も適度にできる人なんでしょう。

 

さて週末。どうでもいい無駄な話を居酒屋でしましょう。